KORGが音楽制作アプリ「KORG Gadget」のニンテンドースイッチ版を開発中。2018年春に発売へ

電子楽器の製造・販売メーカーKORGは10月29日、同社のアプリチームとして『KORG Gadget for Nintendo Switch』を音系・メディアミックス同人即売会「M3-2017秋」に参考出展した。ニンテンドースイッチ向けに2018年春の発売を予定しているという。

KORG Gadget」はゲームではなく、直感的なワークフローとインターフェイスが特徴の音楽制作アプリで、現在iOSおよびMac向けに販売されている。シンセサイザーやドラムマシン、サンプラーなどが「ガジェット」と呼ばれるモジュールに分かれており、ユーザーはこれを自由に組み合わせて楽曲を制作することができる。ガジェットの中にはKORG M1やWAVESTATION、ARP ODYSSEYといった名機を再現したものや、バンダイナムコスタジオと共同開発したビデオゲームサウンドなどもあり、幅広いジャンルに対応する。

*iOS版の紹介映像

ゲーム機向けの本格音楽制作アプリというのは珍しいが、KORGはこれまでに『KORG DS-10』や『KORG M01』といった、同社の往年のシンセサイザーをモチーフにしたアプリをニンテンドーDSなどで発売してきた実績がある。イベントにはそういった過去の作品の開発に携わった元ナムコの佐野電磁こと佐野信義氏率いるDETUNEも出展し、KORGブースとは別にこの『KORG Gadget for Nintendo Switch』を展示していた。配布されたフライヤーにはKORGと並んでDETUNEのロゴも印刷されているので、本作の開発にも参加しているようだ。

M3設営完了 第二展示場1階 か-11a,b 遊びにいらっしゃいいらっしゃい

佐野 信義さんの投稿 2017年10月28日(土)

今回は参考出展ということもありまだ公式に発表はされておらず、iOS/Mac版との違いなど詳細については分からないが、佐野氏は「対戦が楽しい」とか「HD振動は実装済み」といったコメントを残している。単純な移植ではなく、ニンテンドースイッチならではの要素も取り入れているのかもしれない。フライヤーには「MUSIC GAME STUDIO」との文言もあり、音楽制作者のみならず本作の発売には注目が集まりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog