スマホ向けアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』正式発表、11月下旬に配信へ。縦画面でスローライフを楽しめる最新作

任天堂は本日10月25日、モバイルアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』を正式発表した。配信時期は11月下旬を予定している。『どうぶつの森 ポケットキャンプ』はこれまでその存在のみが明かされていた「ぶつ森」シリーズ最新作。このたび、あらためて正式タイトルおよび配信時期が決定した形だ。基本無料(Free to Start)タイトルとして配信される予定で、アイテム課金が導入されている。

ゲームは縦画面で展開される。フィールドを自由に移動し、虫取りや魚釣りが楽しめるなどシリーズ本編と遜色のないクオリティに仕上げられている印象だ。本作の舞台となるのはキャンプ場。このキャンプ場の主となり、家具を配置していく。フィールドにいるどうぶつ達の依頼をこなすことで素材を手に入れ、それらを集めて「カイゾー」に家具作成を依頼。お金と素材を消費し、いくらかの時間を待つことで家具ができあがる。この家具を配置することで対応したどうぶつらがキャンプを訪れるというのが基本的な流れだ。どうぶつ達とはコミュニケーションを重ねることでなかよし度が上昇するといったおなじみの要素も実装されている。

画像は動画をキャプチャしたもの

フィールドは島や浜辺、森や川などいくつかのマップに分かれており、キャンピングカーにのって移動していく。前述したように、対応した場所では昆虫採集や釣り、採掘や木を揺する。こうした探索をおこなうことでどうぶつたちから依頼された品を手に入れる形だ。移動に使うキャンピングカーは内装・外装ともにデザインが可能。キャンピングカーは恒例の“ローン払い”で2階建てにするといった拡張もできるとのこと。作ったキャンプ場には他プレイヤーが訪れることもあり、バザーで素材の売買ができ、フレンドにもなれるなど簡易的なソーシャル要素を導入しているようだ。ほかにもポケット広場と呼ばれる場所には、まめつぶ商店やエイブルシスターズ、靴屋のシャンクなどが店を開いており、服やアクセサリーが購入できる。

画像は動画をキャプチャしたもの

気になる課金要素については、時短および便利アイテムの入手に使う「リーフチケット」なるものが導入されるようだ。この「リーフチケット」を使うことで、たとえば大規模なオブジェクトを建てる際に必要な時間を短縮したり、魚を一気に集めるアイテム「網」を入手したり、キャンピングライフをより便利に過ごせるという。「リーフチケット」は課金のほかにも、ゲーム内チャレンジをこなすことで手に入る。

『どうぶつの森』シリーズには『ハッピーホームデザイナー』といった外伝も存在するが、本作はかなりシリーズ本編に近いように感じられる。一方で、本編からうまく要素を抽出しつつ、差別化がはかられている印象だ。時間によって現れるどうぶつが変化したり、季節のイベントや期間限定アイテムが登場するなど、現実世界と同期したイベントも健在。ロード時間や通信量といった点は気になるものの、手軽にかつ奥深く遊べる、シリーズの魅力を凝縮したタイトルになりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog