Steam、「Steam Direct」導入後にゲームのリリース量が増加傾向。1週間に215本、1日約30本の新作が発売される

調査企業「ICO Partners」のCEOであるThomas Bidaux氏は、2017年の4月中旬から8月7日までのSteamにおけるゲームのリリースデータをTwitter上にて公開した。データは各週ごとにリリースされたタイトルの数を測定したもので、6月に「Steam Direct」が導入されて以降、徐々にSteamにて販売されているタイトルが増加していることがわかる。

4月中旬から6月上旬までは、およそ1週間に90本から140本ほどの新作がリリースされているが、6月17日の週では159本、6月24日の週では182本と徐々に増加。8月7日の週では、一週間に215本の新作が発売されており、これは1日に約30本の新作がSteamにて登場している計算となる。なお2016はSteamにて4000本以上の作品がリリースされており、おおまかに計算すると1日に10本から20本の新作が登場するペースだった。

Valveが今年6月中旬から導入した「Steam Direct」は、よりわかりやすいプロセスでゲームをリリースできるようにする新たなSteamでのゲーム販売制度。開発者はデジタル書類を提出しValveからの承認を得ることで、簡略にシステム化された認証プロセスのなかでゲームを配信することができる。

なお「Steam Direct」では、ゲームを販売するには2週間前にストアページを公開する必要があるほか、まったくValveと関係のなかった企業の場合には初めて申請した際に30日間の審査期間が設けられることになる。「Steam Direct」からやや間を置いてゲームのリリース量が増えたのは、そのためだと考えられる。今後、デベロッパーやパブリッシャーのあいだで知見が共有されれば、さらにゲームの配信数が増加することも考えられそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog