シリーズのルーツに戻る『Call of Duty』新作タイトルはやはり『Call of Duty: WW II』か。海外大手メディアが確認

Image Credit: TheFamilyVideoGamers

先週、YouTubeチャンネルTheFamilyVideoGamersが今年発売予定の『Call of Duty』シリーズ新作のものだとするイメージを公開し、そこに記されたゲームタイトル名やノルマンディー上陸作戦を連想させるイメージから、同シリーズがふたたび原点である第二次世界大戦に戦いの場を戻すのではないかと噂されている。

スポンサーリンク

そのタイトルは『Call of Duty: WW II』だとされる。「WW II」とは「World War II(第二次世界大戦)」の略だ。このタイトルについて欧州大手メディアのEurogamerが独自の情報源に確認し、今年発売予定のシリーズ新作名で間違いないと報じている。また、Sledgehammer Gamesが開発を担当するとされていた点についても確認している。Infinity WardとTreyarchとの開発ルーティーンからすると、2014年に『Call of Duty: Advanced Warfare』を手がけたSledgehammer Gamesが今年の新作を手がけるのは順当な流れだ。

『Call of Duty』シリーズは2003年発売の一作目から一貫して第二次世界大戦を描いてきたが、2007年発売の『Call of Duty 4: Modern Warfare』で現代に戦いの舞台を移してからは、徐々に未来の戦争をテーマにするようになり、昨年発売の『Call of Duty: Infinite Warfare』では宇宙戦も登場した。なお昨年はFPSゲームとしてのライバル『Battlefield 1』が時代を大きくさかのぼり、第一次世界大戦を描くという思い切った決断をし、そして高く評価された。

昨年末から今年にかけては、『Call of Duty』シリーズの原点回帰を示唆する動きが出ており、たとえばSledgehammer Gamesのクリスマスカードには第一次・第二次世界大戦で使用されたM1911が描かれていた。そしてなにより、販売元のActivisionが投資家向けの資料の中で「2017 title will take Call of Duty back to its roots.(2017年発売の『Call of Duty』はそのルーツに戻る)」と記載しており、素直に読めば第二次世界大戦に戻るということだろう(関連記事)。もし本当にそうなれば、同シリーズとしては2008年発売の『Call of Duty: World at War』以来の第二次世界大戦ゲームとなるがはたして。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog