アダルトゲームデベロッパーHuniePotがNintendo Switch参入へ意欲を見せる「米任天堂が許すならばリリースしたい」

ゲームデベロッパーHuniePotが、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)にて自社タイトルをリリースすることに意欲を見せている。同スタジオの経営者であるHuniePotDev氏 はTwitterユーザーとのやりとりのなかで「ニンテンドー・オブ・アメリカが承認してくれるならば、もうすぐ発表されるHuniePotのゲームをSwitchにぜひ出したいよ。」とコメントしている。

HuniePotはアダルトゲームの開発を得意とするゲームデベロッパーだ。同スタジオはこれまで、Steamにてパズルと美少女アドベンチャーを組み合わせた『Hunie Pop』や、女の子をライブチャットに出演させることでお金を稼ぐ『HunieCam Studio』をリリースしてきた。両作品ともにかなり際どいセクシャル表現が存在することに加え、『Hunie Pop』は外部パッチを適応することで“完全なる18禁ゲーム”として楽しむこともできる。HuniePotの作品はただセクシーなだけでなく、ゲーム部分も細かく作りこまれており、根強い人気を誇る。

今回のHuniePotDev 氏の投稿の背景には、氏が『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(以下、ブレス オブ ザ ワイルド)』に熱中していることが関係しているのかもしれない。Twitterをさかのぼってみるとわかるが、3月3日以来、氏はかなり『ブレス オブ ザ ワイルド』にのめりこんでいる。「『ブレス オブ ザ ワイルド』はマジでいい。すごすぎる。面白すぎるのが問題なんだ。」と称賛しているほか、「任天堂は『ブレス オブ ザ ワイルド』のDLCを作るのをやめないでほしい。俺はリアル世界に戻りたくない。ハイラルで生きていきたい。」と嘆いており、没頭するという表現では収まらないほどの熱中しているのがわかる。HuniePotDev 氏は以前Nintendo Switchへの参入しないのかとユーザーに問われた際に、君島社長の画像を指し「彼の顔を見てくれ、こんな見た目の人が『Hunie』の参入を許すと思うか?起こり得ないよ。」と回答していた

任天堂ハードはセクシャルな表現が禁止されていると思われがちであるが、近年は独自の表現の規制がおこなわれているという報告はあまりなく、ほかのプラットフォームと同様の基準であることがわかる。脱衣シーンなど幅広いセクシャル表現を含む『閃乱カグラ』シリーズは任天堂ハードでも展開されていたし、任天堂自身も『零』シリーズにおいてセクシャルな表現を許容している。一方で、任天堂に限らず、コンソールメーカーが、アダルトコンテンツに寛容なSteamのなかでも特に際どい『Hunie』シリーズの参入を簡単に承認するとは思えない。

HuniePotDev氏は以前『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』が、欧米にて発売されないことが明らかになった際にも「100万ドルをはたいてでも販売権を買い取りたい」と申し出るなど、少々破天荒な言動をする特徴もある。氏の言葉がどれほど本気かはわからないが、発言を聞いたユーザーたちは「やらしいゲームを公共の場でプレイしたいもんだ。HD振動で胸の感触を細かく楽しみたい。」と盛り上がりを見せている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog