オオワシとなってパリの空を飛ぶVRフライトアクション『Eagle Flight』がHTC Vive向けにSteamで配信開始

Ubisoftは12月21日、VRフライトアクションゲーム『Eagle Flight(イーグルフライト)』をSteamで配信開始した。価格は5184円(税込)。プレイするにはHTC Viveとゲームパッドが必要になる。

本作の舞台は、地球上から人類が消滅してから50年後のフランス・パリ。プレイヤーは一羽のオオワシとなって、野生動物が住み着くようになったこの街の空を自由に飛び回ることができる。操作はシンプルで、飛びたい方向にVRヘッドセットを付けた頭を傾けて方向転換し、ゲームパッドでは速度調節をおこなう。

ゲームモードは、さまざまなミッションをこなすストーリーモード、制限なく自由に飛ぶことができるフリーフライトモード、そして最大6人(3対3)でウサギ狩りなどをすることができるマルチプレイモードが用意される。ミッションの内容は、制限時間内に目的地へ向かうタイムトライアルや、所定のコースに浮かぶリングをくぐり抜けながらゴールを目指すものなどがある。また、パリの空にはカラスやハゲワシ、コウモリなど敵となる動物もいて、攻撃と防御を駆使して争う熱いドッグファイトを楽しむこともできる。さらに、街中に配置される羽や魚などを集めて回る収集要素も存在する。

本作は今年10月にOculus Rift向けに先行発売され、その翌月にはPlayStation VRでも発売された。そして今回HTC Vive向けにSteamで配信開始となり、主要VRプラットフォームすべてでプレイ可能になった格好だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog