美しき血まみれビジュアル ブルータル2Dアクションゲーム『Slain!』

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆくIndie of the Week。第72回目は、グロテスクなドットビジュアルが特徴の2Dアクションゲーム『Slain!』を紹介する。インディーゲームでは、2Dアクションゲームは主流のジャンルの1つだが、その中でも『Slain!』はゴア表現をとことんまで追求した作品だ。

 

 


美しき血まみれビジュアル

『獣王記』、『Shadow of The Beast』、あるいは『魔界村』。『Slain!』は、80年代から90年代に登場したハック&スラッシュゲーム、特に血みどろな作品の精神を受け継ぐ2Dアクションゲームである。プレイヤーは、7つの塔を解放するため戦うヒーローBathoryn(バソリン)となり、モンスターたちと死闘を繰り広げてゆく。それぞれの塔には、難解なパズルや即死トラップが設置されており、最上階には強力な塔の主がボスとして待ち受けている。

開発を手がけるWolf Brew Gamesは、Kickstarterページにて黄金期の2Dアクションへの愛について長々と語りはせず、「80年代から90年代のゴアなハック&スラッシュゲームへのオマージュ。我々はうっとりとするようなゴア満載のビジュアルを約束する」と一言。いさぎよく同作の魅力がゴア表現にあることをアピールしている。トレイラーに登場するキルアニメーションからも、クオリティの高さがうかがえる。

多彩なステージビジュアルも本作の魅力である。「The Blood Tower」は、その名の通り天井や窓枠から血があふれだす真紅の塔であり、暗黒騎士と血に飢えたモンスターたちが徘徊している。黄金色に輝く「The Wolfwoods」は、いにしえの偉大なる狼が眠ると言い伝えられている場所だ。怪しく緑色に光る「The Old Town Sewers」は、人間の汚物で満ちた古都の下水道である。それぞれ1つのカラーをテーマに、おどろおどろしくも美しいステージが描かれている。

 

The Blood Tower
The Blood Tower

 

The Wolfwoods
The Wolfwoods

 

The Old Town Sewers
The Old Town Sewers

ステージは全7種類に分かれており、それぞれ異なる志向のセクションに分割されるという。水平方向へ進んでいくパートでは塔に向かう場面が描かれ、敵との直接戦闘に重きが置かれている。小ボスを倒したあとは、タワーを登ってゆくことになり、このパートではジャンプアクションやパズル要素が色濃くなるという。塔の頂上には、塔の主がプレイヤーとの対決を待ち受けている。

 


5種類の攻撃を放つコンボ戦闘とマナ管理

 

重要な要素の1つとなる「Decap」
重要な要素の1つとなる「Decap」

『Slain!』の戦闘要素はブルータルだ。セーブポイントは手助けになるものの、最終的に頼りとなるのは己の腕だけである。バリソンには5種類の攻撃方法が用意されており、それぞれを駆使して、襲い来る敵を打ち倒さなければならない。

基本となるのは、コンボの最後に放つ「Decap(頭落とし)」のフィニッシュ攻撃だ。Decapは敵をキルしきれる最後に放たなければダメージをほぼ与えられないが、成功すればモンスターの首を切り、マナポイントを獲得することができる。このDecapか小瓶で溜めたマナを消費して、ファイアボールやボムといった強力なアビリティを使用する。またDecap以外にも「ブロッキング」も存在しており、時には守勢に回ることも重要となるようだ。

『Slain!』は2015年5月にリリース予定。Steamでの配信を目指すSteam Greenlightに登録されているほか、Kickstarterにて1万2000ドルの獲得を目指すクラウドファンディングも実施している。ゴア満載の世界観に魅了されたのであれば、それぞれチェックしてみて欲しい。

 

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る