古代エジプト都市育成シム『Builders Of Egypt』開発中。ナイル川のほとりで大いなる歴史を築き上げよう

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第629回目は『Builders Of Egypt』を紹介する。

エジプトはナイルの賜物。悠久なるナイルの流れを辿りながら古代エジプト文明に思いを馳せよう。さて、今回ご紹介する『Builders Of Egypt』は、古代エジプトを舞台にした都市育成シミュレーションゲームだ。対応プラットフォームはPC(Steam)を予定している。

スポンサーリンク

『Builders Of Egypt』は、あなたが古代エジプト文明のとある都市の統治者となり街を発展させていくシミュレーションゲームだ。古代エジプトの初期王朝時代からクレオパトラの死(古代エジプト王朝の滅亡)までをプレイすることができる。それぞれ紀元前3100年頃から紀元前30年の出来事なので、約3000年の時を遊ぶことができるようだ。統治者となったあなたは、ナイル川のほとりの土地に道を敷設し区画を整理しながら、農場や建物を建築して都市を作り上げていくことになる。3Dグラフィックで表現される都市は、建物だけではなくそこで暮らす人々の姿も見ることができるので、自分で作った街の景観を楽しむだけでなく人々の生活を眺めることも可能だ。

自分好みの街を好きなように造り上げよう。景観を重視した街を作るもよし、効率重視の街を作るもよし。道や建物の相互の影響を考慮して計画的に街を作れば、より生産性の高い都市を建築することができる。あなたの手で、古代エジプトの村を、町を、都市を作り上げよう。エジプトの建築者(Builders Of Egypt)として是非ともあなたの辣腕を振るってほしい。

統治者となったあなたには、都市建設の他にもさまざまな課題がのしかかってくる。それは交易、外交、政策、宗教、そして軍事といった要素だ。都市を拡張し、また維持していくためには相当の費用が必要となる。そのためには都市からの徴税だけでは心もとない。輸出品を製作し他都市と交易関係を結ぼう。交易品の値段は、時代や地政学的状況によって大きく変化するようだ。状況によっては輸出品の切り替えが必要になることもあるだろう。また、交易を維持するためにも外交に気を配らなければならない。ファラオや他都市からの要求に応え、関係を保つ必要がある。

他方、あなたは都市の内部にも目を配らなければならない。古代エジプトの人々にとって、宗教は重要な要素だ。都市に暮らす人々のためにも、礼拝するための神殿や祭祀を執り行うなどして人々の宗教的欲求を満足させる必要がある。もしもこれを怠れば、飢餓に匹敵するほどの社会不安が発生するとのことだ。社会不安の増大は内乱に発展する恐れがある。都市の安定的な発展のためには内政と外務のバランスが重要だ。また、エジプトの歴史は戦いの歴史でもある。勃興し、あるいは衰退していく帝国の中でさまざまな軍事的衝突が起こりうる。あなたはあなたの都市の歴史を紡ぎ続けるため、軍備を整え都市を防衛しなければならない。場合によっては軍隊を供出しファラオの軍勢に加わる必要もあるとのことだ。このように、本作ではさまざまな要素に気を配りながら何を優先すべきか難しい決断を迫られるようになっている。あなたの選択が、古代の歴史を作り上げていくのだ。

古代エジプトといえば、なんと言ってもピラミッドだろう。本作ではピラミッドを始めとして、さまざまなモニュメントを建設することが可能だ。オベリスク、巨大な彫像、カルナック神殿といったモニュメントを都市の中に建設することができる。これらのモニュメントは単に都市の見た目を変えるだけではなく、そこに住む人々のムードにも影響を及ぼすという。また、ピラミッドを建設するためにはまず街の外れに労働者キャンプを建設する必要があるなど、いくつかの段階を踏まなければならない。経済的に困難な巨大建築を成し遂げ偉業を達成しよう。

本作を開発しているStrategy Labsは少人数のゲームスタジオだ。Jacek Turek氏がほぼすべての部分の制作を担当し、途中から参加したPaweł Płoskoń氏が音楽を担当している。Jacek Turek氏は本作の制作にあたり、1999年に発売された『ファラオ』(クオータービューの古代エジプト建国シミュレーションゲーム)に影響を受けたとしながらも、ゲームデザインや建物の外観などは歴史的資料を参考に独自のものを制作していると語っている(GAMEPLAY.pl)。仕事が終わってから『Builders Of Egypt』の制作をしていると話すJacek Turek氏。少人数スタジオによる制作ゆえ時間はかかるかもしれないが、本作の完成を期待しながら待とう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog