オフロードRPG『Wheel Travel』5月4日にSteam早期アクセス配信開始へ。カスタマイズした車に乗り気ままな旅へ

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第620回目は『Wheel Travel』を紹介する。

『Wheel Travel』は、車で旅をするオフロードRPGだ。Steamにて5月4日に早期アクセス配信開始を予定している。三人称視点でキャラクターを操作し、車に乗り込み運転するという形式で進行する。シームレスな世界をオフロード車で冒険する。道中で車から降りて、文化や遺跡を見て回ったり出会った人々と話すこともできる。

ただ散策するだけでなく、車には耐久性の概念が存在し、サスペンションやエンジン、ボンネットやドアなど、部位ごとに耐久値が分かれている。岩や壁に激突するとその部分がダメージを受けるという。これらのダメージが伝播する点もこだわりのひとつとのこと。サスペンションが壊れると、ジャンプ時の衝撃がエンジンへのダメージが生じるそうだ。なおこうしたダメージはガレージに行くことで回復するという。

開発者はそのほか、車を大幅にカスタマイズできる点を特徴としてあげている。車体の模様、ヘッドライト色、スペアタイヤなどの装備品、車高、トレッド、タイヤ径、タイヤ、ホイール、スプリング値、ダンパー値、フロントバンパー、リアバンパー、ドア、ルーフ、リアシート、ボンネット、内装、グリル、フェンダー、リアバンパー、ルーフキャリア、カンガルーバーの変更が可能。これらのパーツなどはオフロード中に遭遇するクエストをこなすことが得られそうだ。

本作はやや特殊なケースで、未実装の要素が多く、フィードバックを受けながら開発方針を決めるという。早期アクセス配信開始時点では、研究都市、湿地都市、高山道路、森林、海上遺跡などが冒険可能。そのほか、数種類のクエストや廃材や野草の収集が実装されている。早期アクセス開発が進んでいけば、ストーリーや世界中もしくは日本中をモデルにした広大でシームレスなマップ、そして自動車やキャラクターなど新規コンテンツが追加されていく予定。キャラクターの成長やアイテムによる車修理も今後の実装を検討しているそうだ。

よりカジュアルなゲームにするのか。よりハードなゲームにするのか。「自動車で広大な世界を旅する」という土台をもとに、フィードバックを受けて開発が進められるそうだ。そうした点に留意しつつ、購入を検討してみるといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog