「立方体」たちのドラマ描くアクションSTG『Zarvot』Steam向けに近日配信予定

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第612回目は『Zarvot』を紹介する。

あなたは『Portal』のコンパニオンキューブを覚えているだろうか?ただのハートマークのついた立方体なのに、いくつものステージを一緒に乗り越えていくうちになぜだか愛着が湧いてしまう。味気ない無機物であっても、物語によって感情移入させられてしまうから不思議なものである。今回紹介する『Zarvot』は、見た目はただの立方体、しかし夢と希望に満ちた立方体たちの物語を描くアクションシューティングである。

スポンサーリンク

『Zarvot』は、ニューヨークのインディースタジオsnowhydra gamesによって開発された作品。海外では、既に昨年10月にニンテンドーeショップにてNintendo Switch版が配信 されている。Steam版の配信によって日本国内でもプレイできるようになるが、対応言語は現時点で英語のみ。Steamストアページでは、CEROを取得していることも確認できることから、国内Nintendo Switch版リリースおよび日本語対応に期待できるかもしれない。

主人公は前述したとおり、ただの小さな立方体、CharcoalとMustard。彼ら(これら?)は、最近どうも元気がない同じく立方体の親友Redを元気付けるために、最高の誕生日プレゼントを用意する旅に出る。待ち受けるのは、盗賊バナナや悪魔ミルクのようなユニークな敵が支配する世界。キューブたちは立方体でありながら、愛らしく生き生きとしたコミュニケーションを見せてくれる。これらの織りなすハートフルでエモーショナルなストーリーが楽しめることだろう。

 

本作はステージクリア型のアクションシューティングであり、プレイヤーはCharcoalを操作して進むことになる。Charcoalには夢と希望だけでなく無限のデストラクションパワーが搭載されていて、ダッシュやジャンプだけでなくビームやワープなどさまざまなアクションが使える。簡単な操作で爽快なアクションが期待できそうだ。12章あるチャプターには、それぞれユニークなトラップやエネミー、そしてキューブたちの幸せな誕生日を拒もうとする強力なボスが待ち受けている。

 

ゲームモードは、前述のストーリーモードだけでなく、スコアとタイムを競うシングルモード、ローカルでの対戦が楽しめるマルチプレイモードが用意されている。マルチプレイ用に、静謐な森林からバスタブの中までいろいろなロケーションの数十個のマップが用意されているとのこと。ストーリーがフィーチャーされた作品だが、パーティーゲームとしても十分に楽しめそうである。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog