『Orcish Inn』アルファ版プレビュー。オークの酒場運営&ビール醸造シミュレーション

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ドイツのインディーデベロッパーSteven Colling氏は、酒場運営とビール醸造のシミュレーションゲーム『Orcish Inn』を開発中だ。本作は昨年10月に正式発表され、Steam Greenlightに登録されたばかりのタイトルである。オークが酒場を営むシュールな構図が受け、国内で紹介された記事が1000リツイート以上を記録したのは記憶に新しい。だが本作の正体は、予想以上に本格的なビール醸造シミュレーションゲームだった。今回は公開されたプレアルファ版から、具体的なゲームプレイを紹介する。

 


オークがマスターの酒場シミュレーション

 

残念ながら現時点でエルフは登場しない
残念ながら現時点でエルフは登場しない

『Orcish Inn』の名の通り、本作はオークが酒場を運営するシミュレーションゲームだ。主人公は寡黙なオークであり、来る客もみなオーク、たまにやって来る商人ですらオーク。なぜか登場するキャラクターはオークばかりである。プレイヤーは酒場のマスターとなり、ビールの材料となる作物を育て、モルトやワートを作り出し、ビールを醸造する。できあがったビールをお客たちに振るまい、得た資金で酒場をさらに拡張してゆく。

まずゲームをスタートすると、プレイヤーは酒場のマスターの食事や睡眠を管理しなければならないことに気づくだろう。マスターには、「Satiation(満腹度)」と「Stamina(体力)」の2つのゲージがある。両方のゲージが底をつくとその場で気絶してしまうのか、酒場の運営資金をいくらか失った状態で、ベットの上から目覚めることになる。

まず手っとり早い食事の確保手段として、釣り竿で魚を釣るといいだろう。釣り竿を取り出し、湖へと浮き餌を投げるだけだ。浮きが激しく揺れ始めたら、クリックすることで魚かガラクタを釣り上げることができる。体力はベッドで眠ることで回復できるが、ユニークなのが昼夜によって回復速度が変化する点だ。昼間にベッドで眠るよりも、日が落ちてから夜に眠る方がマスターの体力はすぐに回復する。昼に働き、夜に寝る健常者のライフサイクルが『Orcish Inn』では求められる。昼夜逆転の生活はご法度だ。

 

下部にある青い円形のゲージが満腹度、隣にある緑色の円形ゲージが体力だ。 働き過ぎには注意しよう。
下部にある青い円形のゲージが満腹度、隣にある緑色の円形ゲージが体力だ。働き過ぎには注意しよう。

 


農作業と品質クオリティ

 

魚を釣り、ベッドで眠ることを覚えたら、次は農作業だ。マスターは9個のツールを所持しており、前述した釣り竿はそのなかの1つだ。同じくツールの1つであるショベルは、さまざまなオブジェクトを作ったり、土地を整えたりすることができる。ショベルで農作業用に土地を耕したら、ツールの種ポーチから種を取り出して蒔く。時間が経過するにつれて作物が育つので、鎌を装備して収穫する。

『Orcish Inn』では様々な種類の植物が存在し、それぞれ使用目的が異なれば、成長する環境も違う。たとえば「Barley(大麦)」はビールやパンの材料となり、水分をよく含む土地で成長する。ビールの味に影響を与える「Hop(ホップ)」は、土壌に水分だけでなく、栄養素も必要だ。植物の成長に影響を与える要素は全部で4つ。それぞれ「Wetness(水分)」、「Eutrophy(栄養)」、「Windbreak(防風)」、「Plant Density(密度)」に分別される。プレイヤーは、ツールのバケツで土に水を撒いて水分量を高めたり、畑のそばに石壁を立てて風を防ぐなどして、各植物に適した環境を整えてゆく。

 

植物の成長に適した土地かどうかは、Optimalityマップから大まかに確認できる。 星が大きく表示されているほど、植物が上手く育つことを示している。
植物の成長に適した土地かどうかは、Optimalityマップから大まかに確認できる。星が大きく表示されているほど、植物が上手く育つことを示している。

 

「Furnace(かまど)」に木と材料を入れると、さまざまなアイテムに変化させることができる。魚は焼き魚に、大麦は食料のパンに、鉄鉱石は資材用の鉄になる
「Furnace(かまど)」に木と材料を入れると、さまざまなアイテムに変化させることができる。魚は焼き魚に、大麦は食料のパンに、鉄鉱石は資材用の鉄になる

『Orcish Inn』にて重要な要素の1つとなるのが、"アイテムのクオリティレベル"だ。全アイテムには1つ1つに無星から星6個までのクオリティレベルが設定されており、実際に使用した場合の効果やトレードでの売買価格、ビールの完成度などさまざまな箇所に影響を与える。たとえば、無星よりも星6個の木材の方が、かまどにくべた時により長く燃える。ビールの醸造に品質の高い材料を使えば、ハイクオリティなビールを完成させることができる。ゆえに、高品質な作物を育てるために土いじりすることは、本作において非常に重要な仕事の1つなのだ。

大麦とホップを収穫したら、商人のHawkerと会おう。気球でやってくるオーク商人Hawkerは、各種資材やダイナマイト、食料のパンなどをゴールドを支払って購入することができる。彼から「Yeast(イースト菌)」を購入すれば、ビール醸造の準備は整う。

 

 


奥の深いビール醸造

 

ビールの醸造は3つの工程に分類される。「Crops(収穫した作物)」から「Molt(麦芽、以下モルト)」を作り、そのモルトからさらに「Wort(麦汁、以下ウォート)」を作り出す。麦汁とイーストが用意できれば、いよいよビールをクラフトすることができるが、本当のビール醸造が始まるのはここからだ。高品質な材料を使用するのはもちろん、プレイヤーはオークたちの嗜好に添って、さまざまなビールの味付けを試行錯誤しなければならない。

ビールのテイストを大きく決めるのは、モルトを作る際に使用した作物の種類だ。しかしその際に使用した水の量によって「Tint Darkness(色の深み)」が決定し、さらにウォートを作り出す際にも水の量によって「Full Body(濃厚さ)」が決まる。ビールの醸造時には、ポップの量で「Acerbity(酸味)」、イーストの量によって「Alcholic Strength(アルコール度数)」が決定する。ここにさらにフレーバーを付け加えることが可能だ。基本となるテイストと、4種類の味と色の微妙な違い、さらにフレーバーと材料のクオリティが、ビールの味わいを決める。

ゲーム中には「Clan(以下、クラン)」と呼ばれる派閥が存在し、来客するオークたちはそれぞれ異なるクランに所属している。各クランはビールに対して異なる嗜好を持っており、高い政治意識を持つThe Raven Covenantは「Tint Darkness」の度合いが高いビールを、商人クランであるThe Hawkerは「Full Body」の度合いが高いビールを好む。さらにThe Hawkerは、「Belladonnna(ベラドンナ)」のフレーバーをくわえたビールが好きだ。醸造所を拡大して2種類のビールを作るのか、あるいは両者の好みを補うような完璧なビールを生み出すのか、プレイヤーは頭を悩ませることになる。

 

『Orcish Inn』では、各種ビール製造マシンとインベントリなどをパイプを通して接続することができる。接続状態では、工程時に必要な材料が自動的に補充され、さらに出来上がったモルトやウォートもインベントリに蓄積されてゆく。どことなく『Minecraft』のレッドストーン回路に似た感覚だ。
『Orcish Inn』では、各種ビール製造マシンとインベントリなどをパイプを通して接続することができる。接続状態では、工程時に必要な材料が自動的に補充され、さらに出来上がったモルトやウォートもインベントリに蓄積されてゆく。どことなく『Minecraft』のレッドストーン回路に似た感覚だ。

 


プリアルファ段階ながらシミュレーションゲームとして確立

 

ここまで記したビールの醸造が『Orcish Inn』におけるメインの流れとなる。ほかにもプレイヤーは、醸造所を改築してビールの生産量を増加させるほか、酒場の内装を整える必要もある。美味しいビールと綺麗な酒場で来客したオークたちを満足させるのが、『Orcish Inn』における最終目標だ。特定のオーククランの満足度が規定値を達成すると、新たなクランがやってくるようになる。客足が増え、さらに味の嗜好が異なるクランの種類も増加するなかで、どこまで捌き切ることができるのか、酒場のマスターの手腕が問われる。

今回プリアルファビルドをプレイして感じたのは、『牧場物語』や『Minecraft』の飼育・農耕要素をプレイしていた時の感覚だ。土壌管理やビール醸造など、各要素は一見複雑に見えるかもしれない。プリアルファのチュートリアルの時点で、項目が171個もあることにはうんざりするだろう。だが一度覚えてしまえば、ゲームの流れをすぐに理解することができ、親しみやすいチャレンジ要素となる。ビジュアルやアニメーションは決して豪華ではないが、プリアルファの段階でありながら、『Orcish Inn』はすでにシミュレーションゲームとしては確立されているといえる。このほかにも、天候や季節要素、ツールのアップグレードなど、様々な要素が登場する。

なお、個人的に気にいったのは、Shiftキーを押した際のアイテムの大量移動や、Altキーを押した際に画面上のストレージ内のアイテム数を確認できるなど、プリアルファの時点でショートカットキー機能が充実している点だ。開発者のSteven Colling氏は、おおくのシミュレーションゲームをプレイし、簡易操作のできない作品に苛立ってきたに違いない。

シミュレーションジャンルの海外インディーゲームと言えば、昨年の同時期には『Banished』がかなりいい出来だったが、『Orcished Inn』も同じく骨太のシミュレーションゲーム。『Banished』をやり込めたなら本作も気に入るはずだ。『Orcish Inn』は2015年中期のリリースを目指しており、公式サイト上にて今回のプリアルファ版の配信も開始されている

 

 

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る