『Dr. Langeskov, The Tiger, and The Terribly Cursed Emerald : A Whirlwind Heist』レビュー いま、ほかのひとがプレイ中なんだ。だから、きみはプレイできない

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Dr. Langeskov, The Tiger, and The Terribly Cursed Emerald : A Whirlwind Heist』は、Davey Wreden氏とともに『The Stanley Parable』を世に送り出したもうひとりの鬼才、William Pugh氏率いるCrows CrowsCrowsの作品だ。12月5日に発表され、Steamを通じて無料でプレイすることができる。

dr-langeskov-the-tiger-and-the-terribly-cursed-rmerald-a-whirlwind-heist-review-001画像はSteamのストアページに記載されている作品紹介文だ。一見するとまともな文章に見える。翻訳してみよう。「記録上もっとも暑い夏、ヨーロッパ全土で、種々の貴重品が消失する。美術館のキュレーターたちはキャビネットの鍵をあけ、貴重な美術品が盗まれていることに気づく。〔…〕確かなことはひとつだけ――怪盗の達人が大陸をまたにかける大窃盗ツアーに出ていて、警察は頭を抱えている。(『The Stanley Parable』の作者)William Pugh率いるCrows CrowsCrowsが手がける、この15分間のゲームで、あなたは音の出ない柔らかな底の靴を履き、天才的な犯罪に手を染める……影のようにマンションの暗い芝生を横切り……ポケットのなかの麻酔銃を握りしめて、史上もっとも大胆な強盗に……」

文章はここで途切れている。非常に興味をそそる紹介文で、つづきが読みたくなる。商品ページの「Read More」の部分をクリックしてみよう。するとこんな文章があらわれる。「もうこんなの、やってられないわ。こんなことしたくなかったけど――ほんとうにやりたくなかったけど、でももうだめ。わたしの仕事はSteamの紹介ページに載せる文章を書くこと。それだけ。そういう取り決めだった、だけど人手が足りないとかで照明係もやらなきゃいけなくなった。〔…〕そういうわけでストライキに参加するわ。誰かほかの人間を雇ってこの紹介文を終わらせるなら、それは彼らの責任よ。以上。――ティナ」

この文章から類推するに、紹介文を担当していた人物が途中で執筆を投げ出してストライキに行ってしまったらしい。まあ、この広い世界ではそういうことも起こりうるだろう。Steamの商品ページをスクロールして、プレイヤーのレビューを読んでみよう。以下はSteamユーザーTardasaurus Rexのレビューだ。

dr-langeskov-the-tiger-and-the-terribly-cursed-rmerald-a-whirlwind-heist-review-002

“インディーデベロッパーがこのサイズのゲームを発表するとは驚きだ。警備員のAIはリアルだし、ステルスの仕組みは当を得ている。雰囲気作りも隙がない。グラップリング・フックでこんなに楽しい思いをしたのは『時のオカリナ』以来だ。もちろん小さい不具合は散見される。エレベーターが動き出すまでに長い時間がかかることがあるし、ドアが足にぶつかることもある。でもプレイに大した支障はないし、すぐにパッチが当たるだろう。トリプルA級タイトルにも匹敵するスリルとインディーゲームの魅力を求めているなら、このゲームはおすすめだ。”

なるほど、彼はゲームの内容にとても満足しているらしい。「トリプルA級タイトルにも匹敵する」と豪語しながらプレイ時間が3時間程度なのはすこし疑問だが、とりあえずゲームをダウンロードして、試しに遊んでみよう。スタート画面では、駐車されている自動車の後部が、暗い芝生からあおりの構図で映し出されている。「Start Game」をクリックするとストリングスの和音が流れ、つぎのような画面が一瞬だけ表示される。

dr-langeskov-the-tiger-and-the-terribly-cursed-rmerald-a-whirlwind-heist-review-003

ふざけているわけではなく、れっきとしたゲームの画面である。端子が接触不良を起こしたような画像が数枚ほどたてつづけに表示されたあと、プレイヤーはどこかの舞台の楽屋裏のような場所にいることに気づく。「あと二分、あと二分だぞ」「舞踏室のランタンの調子が悪いみたいだ」「誰か天候管理部の人間はいないか」等々、よくわからない内容の男性の話し声が聞こえてくる。とりあえず近くにある扉の呼び鈴を押してみると、声が大きくなる。男性はとても混乱した様子で、「なに、プレイヤーがふたりいる? どうなってるんだ?」などと独語しながら、プレイヤーに話しかける。

「その……これは……これはその……ちょっとひどい話なんだ、でも正直に打ち明けたほうがお互いのためになると思う……きみがいまダウンロードしたゲームだけどね? つまりその、いま、ほかのひとがプレイ中なんだ。だから、きみはプレイできない……できない、できないんだ。うん、その……はた迷惑な話だよね。その……どうしてこんなことが起こりつづけるのかわからない。……それに、その、なんていうか、きみにいなくなってもらうこともできないんだ。とりあえず入ってくれよ」

dr-langeskov-the-tiger-and-the-terribly-cursed-rmerald-a-whirlwind-heist-review-004

「広告および連絡係フロントデスク」と書かれた扉が開き、プレイヤーは先に進んでいく。そのあいだも、この頼りにならないナレーターは話を続ける。まとめると、ゲームの演出家たちが劣悪な労働環境に不満を訴えてストライキに入ったために、ゲームの動作がうまくいっていないらしい。楽屋とオフィスの中間のような奇妙な部屋を通り抜けながら話を聞いているうちに、ナレーターは「ちょっとそこのボタンを押してマップの明かりをつけてくれないか」とか、「そこの赤いバルブをひねって雨を降らせてくれないか」などとプレイヤーに雑用を押しつけはじめる。プレイヤーはナレーターの言うことを聞いたり聞かなかったりして、ナレーターがパニックに陥るのを楽しみながら、ゲームの舞台裏にあたる奇妙な空間を歩いていく。

「エレベーターが動き出すまでに長い時間がかかることがある」
「エレベーターが動き出すまでに長い時間がかかることがある」

プレイヤーは隣の部屋に不可視の虎を解き放ったり、火事を起こしたあと雨を降らせて消火したり、レーザー光線をつけたり消したりしながら先へ進んでいく。ここまで来るころには、この作品の非常に洗練された不真面目さが随所で光りはじめる。散見されるメモにはゲームのコンセプトを記したグラフィックや、ベータテスターへの質問と回答、過酷な労働環境に不満を訴えたスタッフたちの辞意などが記されている。最後の部屋にたどりつくと、ナレーターがすべての作業を終えたことを宣言し、「『Dr. Langeskov, The Tiger, and The Terribly Cursed Emerald』をお楽しみください」という言葉とともにシャッターが開く。なかに入ると、騒々しい足音と物音、誰かを必死に止めようとするナレーターの声、解き放たれた虎の唸り声とともにタイトルが大写しにされ、スタッフロールが流れはじめる。

dr-langeskov-the-tiger-and-the-terribly-cursed-rmerald-a-whirlwind-heist-review-006

『The Stanley Parable』は、ナレーターの言うことをまったく聞かない主人公スタンリーを導いて、用意された本筋のストーリーラインからさまざまな脇道に入っていく作品だった。『The Beginner’s Guide』はゲーム制作とそのパブリッシングの問題を、ゲームそのものを通じて表現した。そしてこの長ったらしいタイトルをもつ本作は、SF作家スタニスワフ・レムが『完全な真空』で試みたように、実際には存在しない作品を仄めかすことによって、あたかもその作品が存在しているかのように見せかけるゲームだったのだ。そして筆者は見事にその術中にはまり、存在しないゲームの裏方を手伝わされてしまったのである。「騙された、金を返せ!」と言いたいところだが、そもそもこのゲームは無料だった。

スタッフロールを見終えてスタート画面に戻ってきた筆者は、満足感からはほど遠い奇妙な後味を感じつつゲームを終了しようとしたが、よく見るとスタート画面に新しい項目が現れていた。「Crows CrowsCrowsのページに戻る」とあり、筆者はなんの気もなくクリックして、作者たちのウェブサイトにたどり着いた。

なんの変哲もない開発元のページと思われたが、読み進めるうちに、ページ下部に配置された「A.807」というファイルを発見した。以下はファイルに関連づけられたリンクを辿ってたどりついた文章である。

「代理人アンジェロへ このメッセージにはA.807レポート(今夏のヨーロッパ全土における奇妙な一連の消失についての考察)を添付してある。私が今朝のミーティングですこし触れた件だ。言うまでもないことだが、この文書の取り扱いには厳重な注意を要する〔…〕」
「代理人アンジェロへ
このメッセージにはA.807レポート(今夏のヨーロッパ全土における奇妙な一連の消失についての考察)を添付してある。私が今朝のミーティングですこし触れた件だ。言うまでもないことだが、この文書の取り扱いには厳重な注意を要する〔…〕」

この一連のファイル群はCrows CrowsCrowsによって数ヶ月前からひそかに展開されていたAlternate Reality Game(現実代替ゲーム)のコンテンツらしく、暗号解析じみた解法を要求するこのゲームは、現在もReddit等で有志による攻略が進められているようだ。『Dr. Langeskov, The Tiger, and The Terribly Cursed Emerald : A Whirlwind Heist』はこの現実代替ゲームの一環として制作された作品であり、またそこへたどり着くための通路でもあったらしい。

筆者もしばらくプレイしてみたが、この現実代替ゲームは、それ自体でべつの記事が必要になるほど巨大かつ複雑なものだった。とりあえずは、世界中で筆者だけが体験することができたコンテンツを紹介して、本稿を締めくくろう。筆者は『Report A.807』から参照できるファイルやリンクを辿って遊んでいたが、行きつ戻りつしているうちに、Crows CrowsCrowsの権利関係について表明するドイツ語の文章にたどり着いた。そこには代替現実ゲームとはあまり関係のなさそうな、著作権や販売権等についての但し書きと、開発チームのメンバーのメールアドレスが記されていた。ひととおり手に入れられる手がかりを調べ終えていた筆者は、これはゲームとは関係がないだろうと察しながらも、おずおずとメールを送信してみた。

「これもゲームの一部なのか? もし違ったら無視してくれ。試してみただけなんだ」
するとメールが返ってきた。

お ま え は ま だ プ レ イ 中 だ
お ま え は ま だ プ レ イ 中 だ

レビューの執筆に頭を悩ませていた筆者のスマートフォンが震動し、このメッセージが表示されたときの驚きは筆舌に尽くしがたい。この体験こそ、現実代替ゲームの真骨頂と言えるだろう。一分ほどの間を空けて、「冗談だよ、これは僕の仕事用のメールアドレスなんだ」とメールが送られてきたときには動悸も治まっていたが、自分が新たな手がかりを発見したわけではなかったことを知ることにもなり、正直なところすこしがっかりした。その後、筆者は上記のメールを送ってくれたCrows CrowsCrowsのアートディレクターDominik Johannに素性を明かし、このメールのやりとりの掲載許可をいただいた。快く許可を与えてくれ、レビュー用にと数枚のスクリーンショットを送付してくれたDominikに謝意を表したい。

『Dr. Langeskov, The Tiger, and The Terribly Cursed Emerald : A Whirlwind Heist』は驚くべき手法でプレイ体験そのものを歪曲し、プレイヤーをより巨大な現実代替ゲームへと導く希有な作品だ。実際にゲームを起動してプレイする時間は15分程度にすぎないが、上記の現実代替ゲームや考察まで含めるとプレイ時間は数十倍にも膨れあがる。インターネットの集合知をもってしてもいまだ解けていないこの知的な作品群に、ぜひ取り組んでみてほしい。

dr-langeskov-the-tiger-and-the-terribly-cursed-rmerald-a-whirlwind-heist-review-009

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog