新作ゴルフゲーム『白猫GOLF』は、「あと1回」が止まらない。先行プレイで体験したゴルフの醍醐味

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

コロプラが今秋にリリースを予定しているiOS/Android向けゴルフゲーム『白猫GOLF』。本作のメディア向け説明会が先日開催され、リリースに先駆けて先行プレイできる機会をいただいた。筆者が味わった本作の魅力を紹介したい。

『白猫GOLF』は、コロプラのiOS/Android向けアクションRPG『白猫プロジェクト』のキャラクターが登場するゴルフゲーム。「白猫ゴルフワールド」という『白猫』シリーズとは異なる世界を舞台にしている本作は、『白猫』シリーズ第2弾としてリリースされた『白猫テニス』に続く第3弾の作品となる。



手軽さの中に奥深さと爽快感が共存する、ユニークなゴルフプレイ

ゴルフをプレイし、上のランクを目指していくこと。それが本作の大まかな流れだ。プレイヤーにはランクシステムが用意されており、ゴルフをすることによってツアーポイントを獲得。ポイントの蓄積によってビギナー、ルーキー、ブロンズ、シルバー、ゴールド、さらに上のランクへと昇格していく。上位のランクを目指すことが、本作をプレイする上での目標になるだろう。このランクによる月次報酬も用意されており、ゴルフクラブの獲得チャンスである「クラブチェスト」や、ガチャで利用できるGジュエルも入手可能だ。

そんな『白猫GOLF』を、実際にプレイしてみて感じた魅力を紹介していきたい。まずはその手軽さだ。1ホールの所要時間は大体5分程度で、メインのゲームモードとなるエンジョイモードとバトルモードでは、最大2ホールに挑むことになる。サクッと手軽に楽しめる1プレイの中で上手くいかなかった部分を反省し、もう1回、というスパイラルにハマっていく。


その手軽さに拍車をかけているのが、分かりやすいながらも奥深いシステムだろう。どの方向へ打つか、さらにショットの種類などをタップで選択し、フリックすることでショットが打てる。ただそれだけの操作なのだが、これが簡単そうに見えてなかなか難しい。

青い丸をフリックすることで、ショットをどれくらいのパワーで打つかを調整し、そのままスイングに入って、青い丸を動く的の中心を狙って戻す。それだけの動きが思うようにいかないのだ。そして、上手くいったりいかなかったりを繰り返しているうちに、自分なりの打ち方が見つかっていく。筆者は最終的に、動く的が往復するタイミング、的が止まった時を狙うことで多少は安定するようになった。ちなみに的の中心を狙えるほどボールをまっすぐ飛ばせるため、いかにして的の中心を狙えるかは安定した成績を出すためには必須テクニックとなるだろう。見事パーフェクトを出せた時は非常に気持ち良いので、ぜひ挑戦してほしい。

これまでのゴルフゲームはショットの方向をプレイヤーが任意に調整し、ショットパワーや飛距離はスイング時にメーターを目押しするものが多かった。それに対して『白猫GOLF』はショットの方向やパワーを任意に調整し、的に当てる位置によってボールの曲がり方が変わる。このショット時の独自のシステムが、数あるゴルフゲームの中で『白猫GOLF』をユニークたらしめる部分の1つとなっている。

そして、打ち方がこなれてくると、今度はホールの攻め方が楽しくなってきた。まっすぐ狙えばグリーンに到達するホールをはじめ、バンカーとグリーンが猫の手の形を描いているもの、グリーンが島になっているものなど、さまざまなホールが用意されている。難易度の高いショットを要求されるが、このコースを狙えばショートカットできるという状況もいくつか存在。1打を減らすために、ショットの正確性を高めたいと思わされるわけだ。



シリーズ初のリアル等身で描かれたキャラクターたち

本作では『白猫』シリーズの主人公としてお馴染みの、赤髪のゴルファーが初めから使用できる。コントロール重視の、初心者でも扱いやすいキャラクターとなっている。そのほかにも、シャルロットやリアムといった、『白猫』シリーズに登場したキャラクターもゴルファーとして登場している。本作では1ラウンドに1回、スキルショットと呼ばれる必殺技のようなショットを打つことが可能で、キャラクターによってそれぞれ打てるスキルショットが違っている。それ以外にもクラブの適性など、キャラごとの特性が存在している。そういった性能的な部分もあるが、何よりも、好きなキャラクターだとモチベーションが上がる。


そこで別のキャラクターも使ってみたいと思ったが、新しいキャラクターを使うためには、まずはガチャを回す必要がある。ガチャに必要になるGジュエルは、課金をするか、あるいはランクを上げたりゲーム内で実績を達成したりすることでも獲得できる。ガチャではキャラクターのアバターアイテムが手に入ることになるが、その中の1つであるウェアを手に入れると、対応したキャラクターが使用可能になる仕組みだ。ウェアを入手してキャラクターが開放される前に、使用できるキャラクターが限られたサングラスやポーチなどの小物が手に入ることもある。そのためサービス開始後には、キャラクターを飾るアイテムはあるのに、肝心のキャラクターがいない、という悔しい思いを味わうプレイヤーも生まれることになりそうだ。

というわけで、筆者はガチャで引き当てたオスクロルを使用してみた。彼女が使用できるスキルショットが、赤髪のゴルファーにはない戦略を生み出してくれている。こういったプレイフィールの違いが、また別の奥深さにつながっているのだろう。その一方で、今回の先行プレイで感じた印象だが、初期キャラクターである赤髪のゴルファーはコントロールの良い素直なタイプのようで、プレイヤースキルが上達すれば十分勝ちが狙えそうだ。それぞれのキャラごとに得意な部分はありそうだが、ゴルフ部分を楽しむだけならば、無理に課金をしなくても済むかもしれない。

しかし、かわいらしいキャラクターにテンションが上がるのは筆者だけではないはずだ。本作では『白猫』シリーズで初めて、リアル等身でのキャラクターモデルを採用しており、女性キャラはそのかわいらしさに拍車がかかっている。男性キャラのユキムラやリアムの凛々しいモデリングを見ても、リアル等身化は成功しているのではないだろうか。これらのキャラクターはガチャで入手できるアイテムで見た目をカスタマイズすることが可能。自分の好きなキャラクターを着飾ってあげたくなる。



相棒となる多種多様なゴルフクラブ

キャラクターの部分でも述べたが、ゴルフクラブもドライバー、ウッド、アイアン、アプローチ、パターなど、各種用意されている。クラブにはメーカー別のシリーズがあり、それぞれ飛距離や狙いやすさ、ドローショット向きかフェードショット向きかなど、性質が違っている。今回はそこまで練ることができなかったが、キャラクターとクラブの組み合わせを考えてみるのも面白そうだ。技術のみではなく、この組み合わせの妙が勝敗を分ける場面もあるだろう。

クラブはエンジョイモードやバトルモードプレイ後に入手できるチェストや、アイテムショップでGジュエルを使用して購入できるチェストから入手できる。余談だが、アイテムショップで見られるクラブ確定チェストのシリーズ紹介が、実際のゴルフクラブの広告に似せられている。こういった細かい部分も好印象だ。



『白猫GOLF』は人気ゴルフゲームのひとつになれるのか?

こうしてツアーランクがブロンズ2になるまで『白猫GOLF』をプレイした所感だが、遊びやすく作られながらも奥深さも感じられるゴルフゲームだという印象を抱いた。ゴルフの戦略性とテクニックという醍醐味を巧みにゲームに落とし込み、ゴルフゲーム初心者でも触れやすくしている。プレイ時間が短くても楽しめることもポイントだろう。また、今回は試すことができなかったが、ゲーム内でのボイスチャット機能や、友人と一緒にプレイができるフリーマッチなども用意されている。気の合う仲間たちとワイワイできる、パーティーゲームとしても楽しめそうだ。

ゴルフゲームはスマートフォンだけを見ても、すでに多くのタイトルが存在しているジャンルだ。別ジャンルでは名の知れた『白猫』を冠する本作が、その中のメインストリームとなれるのか、その動向を追っていきたい。

『白猫GOLF』は今秋リリース予定。対応プラットフォームはiOS/Androidで、基本無料となっている。まずは気軽にゴルフを楽しむつもりで実際にプレイしてほしい。

※記事中のゲーム内の画像は、開発中のため変更になる可能性があります

©COLOPL, lnc.

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る