『モンスターハンター:ワールド』無料大型アップデート第2弾が4月19日に配信。最大16人で調査する、光り輝く古龍「マム・タロト」登場

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

カプコンは4月18日、PlayStation 4向けハンティングアクションゲーム『モンスターハンター:ワールド』向けの無料大型アップデート第2弾を、明日19日に配信すると発表した。このアップデートでは、光り輝く金属を身に纏い、爛輝龍(らんきりゅう)とも呼ばれる巨大な古龍「マム・タロト」が登場する。また、新フィールド「地脈の黄金郷」も追加され、マム・タロトの住処はこの地の深部に存在するとされている。

マム・タロトが現れる期間には限りがあり、その間に集会エリア(酒場「星の船」)にて「特別調査【マム・タロト】」を受注し、クエスト「地母神の豪奢なる宴」に挑戦するのだ。受注・参加条件はHR16以上で、シングルプレイから最大4人でのパーティでプレイできる。途中参加も可能だ(クエスト中の救難信号の発信は不可)。地脈の黄金郷に赴きマム・タロトの痕跡「飛散した黄金片」を採集、そして最終的にマム・タロトの大角を破壊することを目指す。

海外発表では、集会エリアには最大16人のハンターが集うことができるという。その中のそれぞれのパーティがマム・タロトを調査した結果は「追跡レベル」として共有される。このレベルが高くなるほどマム・タロトが立ち去るまでの時間が長くなったり、部位破壊しやすくなる。また、ほかのパーティがマム・タロトの大角を破壊したとしても、その集会エリアのメンバー全員に「達成度」に応じた特別調査報酬が与えられる(集会エリアから退出した場合は、その時点での達成度に応じた報酬を受け取れる)。達成度は、クエストの調査項目を達成するごとにポイントが入り、規定値に達するとレベルが上がる仕組みだ。なお、調査項目の内容は条件を達成するまで伏せられている。

この特別調査 では、実際にプレイする際はソロあるいは自らのパーティと行動することになるが、事実上最大16人で協力してマム・タロトの調査をおこなう形となる。そして、マム・タロトの大角を破壊して調査を完了した後には、別個体のマム・タロトが現れる。追跡レベルや達成度はリセットされるが、マム・タロトが現れる期間内であればふたたび調査することが可能だ。

マム・タロトの特別調査報酬としては、鑑定が必要となる武器が含まれている場合もあり、マム・タロトが身に纏う金属片によってボーナスが付くなど、さまざまな武器を獲得できるようだ。また、マム・タロトの素材を入手することで新たな装備を生産・強化でき、今回「マムガイラαシリーズ」「マムガイラβシリーズ」「マムネコαシリーズ」といった装備が公開されている。クエスト中には「暁ノ武士チケット」を集めることができ、オトモ装備「武者ネコαシリーズ」を生産可能だ。さらに、重ね着装備を獲得できる納品依頼がオープン。重ね着装備とは、装備中の防具のステータスはそのままに、見た目だけを変える装備のこと。納品依頼をクリアすると、「暁ノ武士【誉】」と「暁ノ武士【寂】」を入手できる。

4月19日にはタイトルアップデート(Ver. 3.00)も配信予定となっており、各種不具合の修正のほか、タイトルメニュー>オプション>Interfaceへの「文字表示サイズ」の変更設定の追加や、各種HUDのテキストの大きな文字サイズへの対応、また「調査クエストの管理」画面での調査クエストのソート機能の追加や、植生研究所で「ツタの葉」を増やせるようになるなどの仕様変更がおこなわれる。アップデート内容の詳細は公式サイトを参照いただきたい。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る