AUTOMATONへようこそ

AUTOMATONへようこそ。弊誌は旧・Gamers Geographicのコンテンツと精神を継承しつつ、さらなる拡大を目指すあらたなゲーム系ウェブメディアです。

読者諸兄諸姉すなわちゲーマーのみなさん、いかがでしょうか。ゲームにかんする情報をどのように摂取されていらっしゃいますか? すでに国内には多数のゲーム情報発信地があります。紙媒体も持つ大手メディア、センセーションを演出する集団、海外情報の機械的な"翻訳"報道、等など。すでに国内ですべては完結しているように思えるかもしれません。

スポンサーリンク

ただしそれは考え方のひとつにすぎません。いま、日本のゲームメディアにはいくつかの不足があります。それは「意見の伝達」と、その「発信者の責任」です。無論完全に欠落しているわけではありませんが、それはどちらかといえば例外的な側面といえるでしょう。つまり、意見の洗練と集約を主とした組織があまりにも少ないのです。

なるほどWebを見渡せば"意見"は散見されます。しかし、その"意見"はどういった経緯で、何者が、どのような根拠と意志で発信したものでしょうか。創り手側はいざしらず、プレイヤー側についていえばそれらを証明し担保するものはほとんどないのではないでしょうか。それが悪だとはいいません。自由の一形態だからです。

私たちが目指すのは、"Veracity in Gaming"です。"Veracity"、すなわち「正直」「誠実」そして「真相」。あらゆる事象は主観的であるという大前提にあえて立脚し、そのうえで執筆者はその背景を可能なかぎり開示し"Veracity"を実現します。また、弊誌に掲載されるすべての記事は各執筆者個人の意見であると同時に、AUTOMATONがその存在を認めたものであります。

私たちは、ゲームにかんする意見を誠実に伝える存在を目指します。

コンテンツは引き続きコラム・インプレッション・インタビュー・レポート・ニュースを主軸としつつ、私たちに求められるであろう分野と環境へ柔軟に適応し、拡張することをお約束します。

今後ともAUTOMATONをなにとぞよろしくお願い申しあげます。

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog