113日目

タグ: ,

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 ヶ月前 Ryosuke さんが最後の更新を行いました。

  • 作成者
    トピック
  • #74409

    Ryosuke
    参加者

    2018年8月18日。ゴールデン・ウィークの113日目。台北滞在9日目。

    Airbnbで借りた部屋から台北車站近くのホステルへ移動。ホステル代を払ったら現金の残りがJPYにして1,000も無いことに気づく。やばい。泊まるところもクレジットカードもあるので、死ぬことはないけれど。手数料無しで両替してくれるというお茶の店に行って、財布に残っていたJPYの小銭をNTDにした。クレジットカードがあればYouBikeには乗れる。悠遊卡に数百円分はチャージがある。限られたリソースでなんとかやりくりするというroguelike性が・・・。

    (読者諸氏は、海外旅行中に現金の持ち合わせが足りなくなることや、漏れそうな状態でトイレが使えるコンビニを探すこともroguelikeの一種である、という考えにご賛同いただけるだろうか。)

    今日は台北河岸音樂季へ。今回の台北滞在の目的は夏日電玩展への出展と、もうひとつがこれ。これに出演する吳汶芳のライブを観ること!彼女が「超級偶像」というオーディション番組で男女デュオでNew Orderの“Bizarre Love Triangle”(のFrente!のカバー)を歌っているのを見てからのファンだった。

    20080628 超級偶像2代(吳汶芳&謝廣太)Bizarre love triangle(高品質) – YouTube

    ギターボーカルの吳汶芳、パーカッション、ピアノという構成。ポリバケツなども含むパーカッションをライブでサンプリング&ループさせていき、次第にピアノと歌がのっていく“我來自”からスタート。彼女はとにかく歌声が良くて・・・(音楽の語彙がないのでライブ・レポートは割愛)。

    吳汶芳

    ほかの出演者については何も知らなかったけれど、楽しかった。”融合Synth-Pop及Electro-Rock元素”な睡帽樂團(英名: Nightcap)やタイのバンドMoving and Cutはかなり好きな感じだった。「台北の力を見せてくれ!一緒に歌おう!(英語)」と煽られてうぉーおーと歌った。

    このイベントは七夕情人節、すなわち旧暦の七夕で日本のバレンタインデー的な意味を持った日にちなんだものだった。どおりでベタベタしているカップルが多かった。ステージの目の前で一人で踊り狂ってるおじさんや、ラッパーの李英宏 aka DJ Didilongに見つめられて狂喜してる女子二人組とかもいたけど。

    のんびりした雰囲気でとてもよかった。

Spread the love

このトピックに返信するにはログインが必要です。

Spread the love