月額6.99ユーロで760本以上のPCゲームが遊び放題。サブスクリプションサービスUtomikが正式リリース

【UPDATE 2018/5/4 14:10】
記事初版にて価格表記をドルと記載していましたが、正しくはユーロでした。訂正しお詫び申し上げます。

【原文 2018/5/4 13:50】
スタートアップ企業Utomikは、同名の月額制ビデオゲームサブスクリプションサービスUtomikを正式リリースした。1ユーザーのみが利用するプランは月額6.99ユーロで、4ユーザーまで同時に利用できるファミリープランは月額9.99ユーロ。ともに最初の14日間は無料で利用でき、サービスは随時解約可能となっている。

Utomikは2016年にベータテストを開始した、PCゲーム向けサブスクリプションサービスだ。加入ユーザーは750本以上のPCゲームを自由に遊べるというもの。ストリーミングではなくダウンロード型のサービスとなっているが、インストールは不要でパッチをあてる必要もなく、最低限のデータをダウンロードできればすべてのファイルが落ちてくるのを待たずともプレイできる仕組みとなっている。ダウンロードしたデータはPCに残るが、解約後はこうしたゲームをプレイすることはできない。

タイトルとしては2018年5月時点で、760本ものPCゲームを揃えている。『バットマン』シリーズや『セインツ・ロウ』シリーズ、『Metro』シリーズなど人気タイトルも用意されているが、全体的に旧作が多くラインナップは地味だ。ただこうした課題はUtomik運営側も理解しているようで『Human: Fall Flat』『Shadow Tactics: Blades of the Shogun』『Jalopy』『The Flame in the Flood』『Furi』といった現在でも人気のあるコンテンツを追加している。新作を初日から遊べるような取り組みを始めているようで『Yono and the Celestial Elephants』や『Newt One』といったインディータイトルは発売初日から遊べるという。タイトルは毎月追加されていっており、今後は『Hitman』シリーズもこのラインナップに追加されるとのこと。

Utomikは、オープンベータ開始時点でのソフトラインナップは145本であったことに対し現在は5倍以上の数を揃えている(関連記事)。価格も予定していた9.99ユーロよりも3ユーロ低い6.99ユーロ。より開かれ、充実したサブスクリプションサービスになっていることがうかがえる。定額遊び放題のPCゲームのサブスクリプションとしてはGameFlyやOnePlay、JumpやOrigin Accessといったサービスが展開されているが、どのサービスもやや伸び悩みを見せており、市場のリーダーとなる存在は現れていない。

Utomikは他サービスよりも豊富なラインナップを誇るが、前述したように旧作が多く、数を重視する方針が目立つ。サブスクリプションサービスとしては、ソニーやマイクロソフトがPlayStation NowやXbox Game Passを展開しており、前者は豊富なラインナップを武器としており、後者は大型新作タイトルを初日から遊べるという明確なアピールポイントがある。Utomikはこうした武器はまだ揃えられていない印象だ。Warner Bros. GamesやDisney、SEGAやTHQ Nordic、そしてEpic Games、Curve Digital、IO Interactiveといった企業とパートナー契約を結んでいることを強調しているものの、ユーザーとしてはこれらの旧作ではなく新作を遊べる点に魅力を見出すだろう。

昨今ではSteamのセールやHumble Bundle(Monthly)など安価で魅力的なPCゲームが手に入る機会が多くなりつつある。Utomik運営者は、今後もラインナップ強化を進めていくとしており、同社が今後どのように独自の魅力を提供していくかに注目したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog